department

婦人科 概要


ご挨拶・治療方針

婦人科は、現在常勤医師2名で診療を行っています。入院の必要な救急の疾患や悪性腫瘍の加療は行っておりませんが、総合病院ですのでたいていの婦人科疾患の診断治療には対応できます。
当科で対応できない患者様も大阪大学産婦人科教室の関連病院を中心に広いネットワークで、患者様のニーズに合わせたご紹介が可能です。

対象疾患

婦人科一般検診(がん検診 月経不順 更年期 思春期 不妊症)、良性腫瘍(子宮筋腫 内膜症 卵巣のう腫など腹腔鏡手術も可能)、性病(クラミジア 淋病 コンジローマなど)、子宮頚部形成、子宮ポリープ、骨盤臓器脱(リハビリテーション科と共同で保存的治療を行えます)、妊婦健診(淀川キリスト教病院と提携しています)

メッセージ

日常外来診療にあたるすべての医師が経験年数30~40年のベテランで患者様一人ひとりと、よい信頼関係を築いていく中でそれぞれの患者様の特性を考慮して診療させていただきます。
またセカンドオピニオンや女性アスリート支援も行っています。
できれば紹介状を添えて地域医療室を通じて予約をお願いしたいのですが、直接お電話で予約も可能です。(ただし時間帯によっては即応できない場合があります)


スタッフ紹介

古川 義夫(ふるかわ よしお)

卒年 S47年
役職 医員
専門領域 産婦人科一般、更年期障害、ホルモン治療
所属学会 日本産科婦人科学会
資格 日本産科婦人科学会認定医

地域の先生方へ

今後とも地域医療に貢献すべく努力してまいりたいと思います。婦人科疾患やその疑いのある症例、特殊検査が必要な症例などお気軽にご紹介ください。
ご紹介いただいた患者様の資料(レントゲンフィルムなど)を提供させていただくことも可能ですのでお気軽にご相談ください。



診療科・部門一覧に戻る