department

メンズ・ヘルス外来 概要


加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)とは

更年期障害といえば、一般的には女性の更年期障害のことを想像しますが、実は男性にも更年期障害があります。この男性更年期障害の中に、加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)が含まれ、男性ホルモンである“テストステロンの低下”が大きく影響すると考えられています。

男性ホルモンは全身の、多くの臓器に作用しており、この働きが低下すると、いわゆる男性らしさが失われます。例えば、性線への働きが低下すると勃起機能の低下(ED)や性欲の低下がおこりますし、脳への働きが低下すると、知的活動・認知力の低下や、抑うつ状態・疲労感・あせり・いらいらなどの症状がおきます。その他にも、筋力の低下・骨粗鬆症・メタボリックシンドローム・不眠症など原因となります。

従来は、うつ病と診断されていた症状なども、“テストステロン”低下により引き起こされているということも少なくありません。

LOH症候群と男性更年期障害の位置付け

男性ホルモンである“テストステロン”は、20代をピークに低下の一途をたどります。テストステロンが低下しても、女性の閉経のように劇的な変化がなく、症状としてとらえにくのが現状です。

それゆえに様々な合併症をおこしてから、気づかれることも少なくありません。

当院では、泌尿器科医や内科専門医、精神科医が連携しながら、加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)の診療にあたることが可能です。
一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。
適切な治療を受けて、健全な体を取り戻しましょう。

ご予約

 TEL 06-6393-6234(代表)


 

受付時間

平日

09:00 ~ 15:00

土曜

09:00 ~ 12:00

※メンズヘルス外来は完全予約制になっております。

 ご予約のない方の診察は、できかねますのでご了承ください。



 初診で来院される際は、事前に下記の診療申込書、問診票をご記入の上ご持参いただく

ことで、スムーズに診察を進めることができます。ぜひご活用ください。



※患者様のプライバシーを守るため、受付では診療内容、患者様の状態について

 こちらから質問は致しません。


診療日・担当医師


診療日 毎月第1、第3、第5月曜日/午後2時~4時 直接5階(51)番メンズヘルス外来受付へお越しください。
休診日 祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
ご持参いただくもの 身分証明書(免許証、健康保険証など) 
担当医師 星山 文明(泌尿器科 部長 ) 

料金

初 診  ・  再 診 料

初診 カウンセリングのみ \5,000(税別)
検査料含む場合 \30,000(税別)
再診   \1,500(税別)

処 方  ・  注 射 薬

 バイアグラODフィルム25mg 1枚  \1,700(税別)
 バイアグラODフィルム50mg 1枚  \2,000(税別)
 シアリス5mg 1錠  \1,900(税別)
 シアリス20mg 1錠  \2,300(税別)
 レビトラ5mg 1錠  \1,600(税別)
 レビトラ20mg 1錠  \2,400(税別)
エナルモンデポー125mg(注射薬) 1本  \2,500(税別)
2本  \3,000(税別)
                   ※注射薬は料金に手技(注射料)も含みます

受診の流れ

 はじめての方

①電話(06-6393-6234)にて診療予約をお取りください。

   電話交換手にメンズヘルス外来予約希望とお伝えいただくと、専用予約部署へお繋ぎいたします。


②当院HPより事前に診療申込書、問診票をご記入のうえ持参いただくことで、

   スムーズに診察を進めることができます。ぜひご活用ください。

 (※ダウンロード、印刷できない方は、当日ご記入いただきます。)


③診察当日は直接5階(51)番 メンズヘルス外来受付へお越しください。

   ※2階初診受付での受付は不要です。


④受付に身分証明書のご提示と診療申込書・総合問診票をお渡しください。

   ※メンズヘルス外来問診票①②は診察時に直接医師にお渡しください。


⑤診察終了後受付にて請求書をお渡しいたします。

 2階(8)番 自動支払機にてお支払いください。




再診の方

①診察日に2階(7)番 再診受付機にて受付を行ってください。

②5階(51)番 メンズヘルス外来受付に受付票をお出しください。

③診察終了後受付にて請求書をお渡しいたします。

  2階(8)番 自動支払機にてお支払いください。



フロアマップ


てすとああああ



メンズ・ヘルス外来

診療科・部門一覧に戻る