department

形成外科 概要


ご挨拶・治療方針

形成外科

形成外科では外傷や熱傷、腫瘍、腫瘍切除後の変形などにより、主に体の表面にトラブルを抱えておられる方々の治療をしています。治療により患者様の生活の質を向上させられるように心がけています。形成外科を標榜する病院はまだまだ少数なので、私たちが地域の皆さんのお役に立つことができれば、非常にうれしく思います。

対象疾患

形成外科で扱う疾患は頭の先から足の先まで多岐にわたります。からだの表面に関することで悩んでいるときは治療ができるのか気軽にお問合せください。
外傷:顔面外傷、四肢の外傷、やけど、褥瘡(床ずれ)
腫瘍:皮膚良性腫瘍、皮膚、軟部悪性腫瘍

診療実績

下記よりご確認ください。

メッセージ

基本的には外科なので、メスで切除して、丁寧に縫合する科です。しかしそれ以外にもさまざまな治療方法があり、日々新しい治療方法も開発されています。患者様のご希望もよく聞いた上で、一番納得のいく方法を提案することを心がけています。


スタッフ紹介

田嶋 敏彦(たじま としひこ)

卒年 H6年
役職 部長
専門領域 褥瘡、下腿潰瘍等の管理・治療
所属学会・資格等 日本形成外科学会専門医
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本皮膚悪性腫瘍学会

梶原 大資(かじはら たいし)

卒年 H24年
役職 医員
専門領域 一般形成外科
所属学会・資格等 日本形成外科学会

地域の先生方へ

当形成外科では主に、再建外科を取り扱っております。

基本的に体表面の外科なので、守備範囲は頭の先から足の爪までです。

また当院は総合病院なので外科、整形外科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、泌尿器科、婦人科、皮膚科と協力して治療ができます。

体の表面に異常(色調、膨らみ、欠損)があれば、どうぞ当科にご紹介ください。 


形成外科

診療科・部門一覧に戻る