professional

北条 清香-看護部 手術室看護師-

pageTitle()

限られた時間で行う「看護」

interview

  • 仕事内容

    私は手術室で看護を行う「手術室看護師」です。病棟看護師は入院患者様の看護を行いますが、手術室看護師は手術をされる患者様の看護を行います。手術室では、器械出し看護と外回り看護の役割があります。器械出し看護は、術野を観て必要な器械を迅速に正確に渡すことで安全に手術が進行できるよう取り組みます。外回り看護では、手術環境を整え患者様が安心して手術を受けることができるよう関わっています。

    仕事内容 北条 清香

  • 医療に対しての取り組み

    手術室看護師は、手術当日に初めて顔を合わせる患者様も少なくありません。さらに手術が始まると、周りの状況が掴めず不安に感じる方もいらっしゃいます。だからこそ、可能な限り手術前に患者様と関わる機会を設け、信頼関係が築けるよう努めています。また、手術中に心掛けていることは、痛みを伴う処置や局所麻酔の際には、患者様の手に触れて寄り添うことを意識して行い、患者様の心と身体の負担軽減に努めています。

    医療に対しての取り組み 北条 清香

  • 医療に対する想い

    「手術」は患者様にとって、人生の大きな出来事。そして患者様は、その日を迎えられるまでに十分な説明を受けていたとしても、不安は拭えないものだと思います。私は、短時間で患者様の表情や言動から不安や理解度を把握する必要があり、手術中は患者様の一番安心できる存在でありたいと思っています。今後も、手術室看護師として、限られた時間でも行える看護を大切にしていきたいと思います。

    医療に対する想い 北条 清香


回生プロフェッショナル一覧に戻る