institution

病院の沿革


病院の沿革

1900年 大阪市北区絹笠町に私立大阪回生病院として創立(ベット数104床)
創立者・菊池篤忠「一視同仁、博愛慈善」の院是を定む
1910年 池田市建石町に私立池田回生病院を設立
院長・菊池篤忠就任
1924年 第二代院長・菊池米太郎就任
第一代大阪府医師会会長
1925年 株式会社に組織変更(株式会社大阪回生病院 1934年に無配当の株式会社互恵会に名称を変更)
1929年 神戸市東灘区に甲南回生病院を設立(1951年分離 医療法人甲南互恵会に変更)
1953年 第八代院長・菊池二郎就任
1966年 大淀区豊崎に新築移転(ベット数339床)
1978年 院外調剤薬局(互恵調剤薬局)を設立(1986年株式会社互恵会大淀薬局として分離)
1980年 回生看護学校開校(1996年閉校)
1984年 池田回生病院新館新築  院長・奥野浩
1991年 第九代院長・菊池幹雄就任
1995年 大阪回生病院附属看護学校 開設
1996年 社会福祉法人 起生会 設立
特別養護老人ホーム「ほほえみの園」
ケアハウス「五月園」
1997年 池田回生病院 医療法人互恵会として分離
2000年 創立100周年を迎える
2005年 新大阪(大阪市淀川区宮原1丁目)、新病院オープン
2007年 久富義郎が第十代院長に就任
2010年 創立110周年を迎える
2016年 佐藤文平が第十一代院長に就任

院歌

大阪回生病院 第一院歌 

<山口 誓子 作詞/朝比奈 隆 作曲>

  • 中之島 川を隔てて
    絹笠の 町の一郭
    病院を 建てしここには
    大阪の すべて集まる
  • 回生の その名よきかな
    ひとみなの 病癒して
    幾十の 年を重ねつ
    永遠を 更に思はん
  • 堂島の 川の流れの
    流れては 昼夜やすまず
    我等また かくの如くに
    病む者に 愛を頒かつよ

大阪回生病院 第二院歌

<山口 誓子 作詞/木村 四郎 作曲>

  • 大淀の ひらけたる地に
    そびえ立つ 白き高殿
    四方より はるかより見え
    病む人の 頼り集まる
  • 病院は 新たになれど
    医の道に 変ることなし
    隔てなく 博き愛もて
    病む人を よみがえらしむ
  • 淀川は 流れ流れて
    その末は 大海となる
    我等また 医の道を行き
    病院を 永遠ならしめん