department

循環器内科 概要


ご挨拶・治療方針


循環器内科は弁膜症、心筋症、冠動脈疾患などの心臓病の診断や治療を専門に行う部門です。
当科では心エコー図、運動負荷心電図、心臓CT、ABI、カテーテル検査などの検査を積極的に行っています。高血圧では必要があればホルモンの測定や画像診断で二次性高血圧の鑑別も行います。冠動脈疾患では適応があれば冠動脈ステントなどでのカテーテル治療を行っています。緊急性があれば緊急カテーテル検査・治療を行います。
心不全、心房細動などに対する薬物治療、徐脈性の不整脈にはペースメーカー治療などを行っています。頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション、植え込み型除細動器や弁膜症などで心臓外科手術が必要な場合は、不整脈科や心臓血管外科に紹介をしております。

対象疾患

高血圧

心不全

心疾患には弁膜症、心筋症、冠動脈疾患、不整脈など様々な疾患があります。これらの疾患により心臓の働きが悪くなった状態を心不全と呼んでいます。息切れやむくみなどの症状がみられます。

冠動脈疾患

心臓の表面には冠動脈と呼ばれる血管があり、心臓に酸素や栄養分を供給しています。この血管が動脈硬化で狭まったり、閉塞して血液の流れが悪くなると、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患を引き起こします。

深部静脈血栓症、末梢動脈疾患 など

診療実績

下記よりご確認ください。

メッセージ

心臓CTを活用したり、カテーテル検査・治療はできるだけ手首の血管から行うなど身体への負担を軽減する工夫をしています。


スタッフ紹介

筒井 崇(つつい たかし)

卒年 H5年
役職 部長
専門領域 虚血性心疾患・ペースメーカー治療、冠動脈カテーテル治療
所属学会・資格等 日本内科学会認定医・日本心臓学会
日本循環器学会専門医・日本心不全学会
日本心血管インターベンション治療学会・医学博士
身体障害者福祉法指定医師

大平 直人(おおひら なおと)

卒年 H6年
役職 医長
専門領域 循環器疾患全般
所属学会・資格等 日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会・認定医
日本内科学会・認定医
医学博士

吉野 知秀(よしの ともひで)

卒年 H15年
役職 医長
専門領域 循環器疾患全般、ペースメーカー治療、カテーテル検査・治療
所属学会・資格等 日本内科学会・認定医
日本循環器学会・専門医
日本不整脈学会
日本心臓リハビリテーション学会
日本心血管インターベンション治療学会・認定医
医学博士


循環器内科

診療科・部門一覧に戻る