department

薬剤部 概要


業務内容

患者様へ

私たち薬剤師は次のような仕事をしています。

調剤
主に入院患者様の薬の調剤業務を行っています。
薬の説明
病棟や服薬指導室で、薬の使い方や、注意等を説明します。
注射薬の調剤
主に入院中の患者様に使用される注射薬を、医師の処方せんに基づいて調剤します。高カロリー輸液や抗がん剤などの混合調製を衛生的に安全に行っています。同時にまぜてはいけない薬の確認もします。
薬の管理
麻薬や毒薬などの特別な薬について、それぞれの薬の特性に合わせた管理をします。

その他にもさまざまな場面で「薬」を通して患者様の治療に関わっています。

例えば

医師と協力して
薬剤師の立場から薬が安全に使用されるように話し合っています。
薬歴の確認をして重複していないか、相互作用が起こる可能性はないか。
これらを未然に防ぐため患者様が受ける薬物療法の情報を集約・管理します。
チーム医療の推進
それぞれの専門スタッフが協力して、より良い医療を提供するなか、薬剤師も専門知識を活かして参加しています。
ICT(感染制御チーム)・NST(栄養サポートチーム)・糖尿病ケアチーム、褥瘡対策チームにも参加し、薬剤師の立場として貢献できるように取り組んでいます。

薬剤部の特徴

病棟で働く薬剤師について

すべての病棟に専任の病棟薬剤師がいます。
入院時に持参される薬の確認、患者様への薬の説明、服薬計画の提案、退院時には退院後の服薬説明などを行っています。
絶えず薬剤師が病棟にいることで、患者様と接する機会が多くなり、薬の副作用や効き目などをより早く知ることができます。また、医師や看護師と連絡もしやすくなります。
より安全に、より有効に、薬が使用されるように関わっています。


医療関係者様へ

薬剤部からのお知らせ

当院で実施されている化学療法レジメンについて

 当院は、連携充実加算の届け出をしています。
 当院が発行した「抗癌剤治療に関する治療の目的及び治療の進捗等に関する文書」を患者様が
提示された場合、ご対応お願いします。
 当院で化学療法を施行されている患者のレジメンや患者の状況に関する問い合わせについては、
下記フォームを使用して原則FAXでお願いします。問い合わせ頂いたFAXについて緊急の対応は
おこなっていません。ご了承下さい。
 処方箋の疑義については、「当院の院外処方についてのお願い」を確認していただき各診療科に
問い合わせ下さい。

抗悪性腫瘍剤の化学療法に係る研修会について

開催日時   2020年9月10日(木)
開催場所   大阪回生病院 1階 多目的ルーム
申込方法   保険薬局 下記より地域連携研修会申込書をダウンロードし
            淀川区薬剤師会までFAXして下さい。
       保険薬局以外 開催案内記載メールアドレスまでご連絡下さい。
定員     40名(定員となり次第締め切りとさせていただきます。)

バックナンバー



薬剤部

診療科・部門一覧に戻る